CData Software Blog

クラウド連携のCData Software の技術ブログです。

ADO.NET

FluentTextTable(全角対応テキストテーブルライブラリ)を使ってみた

こんにちは。CData Software Japan の杉本です。今回は至極個人的に業務上ありがたいライブラリを知ったので、その特定ユースケースでの書き残しです。 今日Twitterで @nuits_jp さんがこんなツイートをしているのを見かけました。 「全角文字に対応した」.N…

生産スケジューラFLEXSCHEへkintoneからデータを取り込む

本記事ではCData kintone ADO.NET Driverを利用し、生産スケジューラのFLEXSCHEとkintone間でのデータの読み書きをノーコードで行う方法を紹介します。 FLEXSCHE FLEXSCHE※はあらゆる生産ルールに対応可能な柔軟性と拡張性を備えた生産スケジューラで、様々…

ノーコードツールでスマレジの会員データを kintone の顧客リストに連携:CData Smaregi Driver & ArcESB

こんにちは。CData リードエンジニアの杉本です。 今日はリリースされたばかりのCData Smaregi Driverとノーコーディングのデータ統合ツールArcESBを使ってスマレジの会員データを kintone に連携する方法を紹介します。 ArcESB とは? この記事で実現するシ…

D365 for Sales 営業案件データをステージごとにグルーピングした一覧表を C# WPF アプリで作ってみる(Infragistics WPF XamDataGrid & CData Dynamics 365 for Sales Driver)

こんにちは! CData Software Japan リードエンジニアの杉本です。 Dynamics 365 for Sales で営業案件を俯瞰したい場合、よくパイプラインステージ(提案段階)や受注確度に応じて、データをグルーピングして見えるようにしたい、といった要望がよくあるな…

CData ADO.NET Provider は Visual Studio 2019 に対応します! CData Driver V19 Update情報

こんにちは。CDataの中のC#派、リードエンジニアの杉本です。 Visual Studio 2019 ローンチイベント が4/2 9:00 (日本時間では4/3 1:00) に開催されましたね! visualstudio.microsoft.com 合わせて、以下のサイトから Visual Studio 2019 がダウンロードで…