CData Software Blog

クラウド連携のCData Software の技術ブログです。

Tableau Online のSaaS 連携をCData Connect で拡張:kintone 編

この記事では、Tableau Online にCData Connect を使ってネイティブにサポートされていないデータソースをノーコードで追加して分析に利用する方法を説明します。

f:id:cdatasoftware:20201022121319p:plain
Tableau Online にCData Connect でSaaS データ連携を拡充

CData Connect とは?

CData Connect は、SaaS ベースで提供されるデータハブサービスです。Salesforce、NetSuite、Dynamics、Marketo、kintone など多様なSaaS にBI、アナリティクス、iPaaS、ノーコード開発プラットフォームからアクセスするための仮想エンドポイントです。連携方法が異なるSaaSMySQLSQL Server、OData の3種類のインターフェースに仮想化することで、データ連携をシンプルに実現します。

平たく言えば、"SQL as a Service" と考えてください。

Tableau Online へのSaaS データ連携

Tableau Online は、各種クラウドDB、BigQuery、Redshift などのクラウドデータストレージはもちろん、Salesforce などのSaaS データをサポートしています。

f:id:cdatasoftware:20201022123217p:plain

とはいえデフォルトでサポートされていないSaaS データを扱いたいケースがあります。国産SaaS のkintone はよくリクエストされるデータソースです。CData Connect を使えば、Tableau Online にkintone をはじめ多様なSaaS データを連携することができます。

この記事では、サイボウズ社のkintone データをTableau Online で使う方法を説明します。ちなみにオンプレミスからPublish する形でよければCData ODBC Drivers、CData JDBC Drivers で接続することも可能です。今回はクラウドだけで完結するCData Connect で作ってみましょう。

f:id:cdatasoftware:20201022125517p:plain
kintone データをTableau Online から利用:CData Connect

CData Connect にkintone データを接続

CData Connect (旧CloudHub) のアカウントを取得します。CData Connect はSaaS ですので、アカウントを取得したらインストールやホスティングなどなく、ブラウザからログインすることですぐに使用開始です。

早速ブラウザからCData Connect にログインします。「DATABASE」タブから仮想データベースを設定していきます。まずは接続するデータソースであるkintone のアイコンをクリックします。 f:id:cdatasoftware:20201016155823p:plain

データソース接続画面が開くので、データソース毎の認証情報を入力します。kintone の場合はUser、Password、kintone のURL を入力することでデータにアクセスすることができます。

f:id:cdatasoftware:20201022125731p:plain

次に「ENDPOINTS」タブで、このデータをどのインターフェースのエンドポイントして公開するかを選択します。デフォルトで、OData、MySQL wire protocol、TDS(SQL Server) wire Protocol がすべて有効になっています。

必要があればアクセスを許可する信頼されたIP アドレスを指定することも可能です。

f:id:cdatasoftware:20201014212922p:plain

最後に公開したデータにアクセスできるユーザーとトークンを作成します。「USERS」タブからユーザーを作成するとトークンが生成されます。

f:id:cdatasoftware:20201014212650p:plain

これでCData Connect でkintone データを扱う準備ができました。

Tabelau Online でkintone データを使う

ここからはTableau Online で、CData Connect コネクタを使ってkintone データにアクセスして、分析を行います。

Tableau Online でCData Connecter を使う

Tableau Online のワークブックで、「データ」→「新しいデータソース」をクリックします。「コネクタ」タブを開きます。CData Connect はkintone データをMySQL エンドポイントに仮想しているので、コネクタは「MySQL と互換性のあるAmazon Aurora」を選択します。

f:id:cdatasoftware:20201022125842p:plain

CData Connector への接続情報を入れていきます:

  • Server: CData Connect のMySQL エンドポイント名(xxxxx.cdatacloud.net)

  • Port: 3306

  • Database: オプションです。指定しない場合はCData Connect に接続する全データが使えます。

  • ユーザー名: CData Connect のユーザー名。

  • パスワード: CData Connect のパスワード。

入力が終わったら「サインイン」をクリックして接続を確立します。

f:id:cdatasoftware:20201022124017p:plain

接続ができたので、ワークブックで、「データベース」のドロップダウンから使用するCData Connect 内のデータソースを選択します。今回はKintone1 を選択します。

f:id:cdatasoftware:20201022124410p:plain

選択すると「表」の部分にkintone のアプリがテーブルとして表示されます。CData Connect がkintone のAPI をモデル化して、SQL でアクセスできるテーブルに仮想化しています。使うテーブルを右側にドラッグ&ドロップします。

もしリレーションのあるアプリなら、JOIN 設定をGUI で行うことも可能です。

「今すぐ更新」をクリックして、データをTableau にロードします。

f:id:cdatasoftware:20201022124614p:plain

あとはRDB データソースを扱うように、シート内でビジュアライズを組んでいきます。CData Connect がデータ型を指定してデータをフィードしてくれるので、ディメンションとメジャーとしてそのまま利用できます。

f:id:cdatasoftware:20201022124842p:plain

このように、API コーディングやJSON ファイルを扱うことなく、kintone データをTableau Online で使えるようになりました。オンプレミスのTableau Deskto やBridge からのPublish 作業がないのも大変便利です。

CData Connect の利用記事

CData Connect は、他にもSAP Analytics Cloud、Amazon QuickSight、Google Data Studio など多くのクラウドBI、iPaaS から利用が可能です。是非、お試しください。

www.cdatablog.jp

www.cdatablog.jp

www.cdatablog.jp

www.cdatablog.jp

www.cdatablog.jp