CData Software Blog

クラウド連携のCData Software の技術ブログです。

kintone API レコード一括取得APIのoffsetの上限値制限についてのCData製品の対応について

はじめに

2019/10/30にサイボウズ社よりkintoneのAPI仕様変更のご案内がありました。

cs.cybozu.co.jp

本仕様変更の要約は以下の通りです。

  • レコード一括取得APIのoffsetの上限値を10,000までに制限
  • 上限値の適用は2020年7月の定期メンテナンスで実施

本記事では、本仕様変更に関するCData製品の対応状況について報告いたします。

影響の有無

CData製品の動作に影響があります 。具体的には、SELECT時にアプリ内に10,000件以上のデータが格納されていると読み込み途中でエラーが発生します(正確には、まだ上限値の設定がなされていないので、発生する可能性があります)。

影響の範囲

弊社のkintoneに関する全テクノロジーODBC/JDBC/ADO.NET/Excel Add-Ins/ Syncなど)の製品で影響があります。

www.cdata.com

対応状況について

カーソル API を利用する方法の対応版ビルドをリリースしました。対応版ビルドのバージョンはVersion: 19.0.7228となります。この番号より大きな数値のものは対応済みとなります。現在(2020/02/21)、CData社のWebサイトからダウンロード可能なビルドは既に対応版です。

f:id:kuwazzy:20200221103453p:plain

※現在ご利用のビルド番号の調べ方がわからない場合は弊社サポートデスクにお問い合わせください。

カーソル API を利用する方法については以下のCybozu developer Networkの記事をご覧ください。

developer.cybozu.io

具体的な変更内容ですが、kintoneへの接続設定にて「Use Cursor」接続パラメータを追加しました。こちらのパラメータをTrueに変更することでレコード一括取得APIからカーソルAPIを利用した取得に切り替わります。

ODBC接続時の設定例 f:id:kuwazzy:20200221101900p:plain

ODBCヘルプ

cdn.cdata.com

現時点(2020/02/21)では、Use Cursorは、下位バージョンの動作を継承してFalse(レコード一括取得APIを利用)がデフォルトとしております。ですので、1万件を超えるアプリへのアクセスが前提の場合は、本プロパティをTrueに変更してご利用ください。

f:id:kuwazzy:20200221105047p:plain

まとめ

  • 製品への影響あり
  • 10,000件以上レコードが格納されているアプリのデータを全件取得できなくなる
  • 対応版ビルドあり(Version: 19.0.7228以降)
  • Use Cursor接続パラメータをTrue(カーソルAPIを利用した処理)に変更

本件に関してご不明な点などがございましたら弊社サポートデスクまでお問い合わせください。