CData Software Blog

クラウド連携のCData Software の技術ブログです。

CData Sync 2019:コネクタの追加方法(kintone を例に)

CData Sync とは

Salesforce、Dynamics365、kintone などのクラウド/SaaS データをDB にレプリケート(同期)するツールです。CData Sync では、100を超えるクラウド/SaaS に対応しています。CData Sync では、ブラウザ管理画面でのPoint & Click 設定だけでノンコーディングクラウドデータを反復して自動同期する設定を行うことができます。難しいWeb API などの知識は不要です。

f:id:cdatasoftware:20190205140349p:plain
CData Sync 2019

用途は主に3種類です:

  • オンプレRDBクラウド/SaaS データをコピーして、定期的な帳票出力や分析に利用

  • Redshift、BigQuery などのデータウェアハウスにクラウド/SaaS データやRDBCSV など多様なデータをロードして、分析利用やAI でデータ利用

  • クラウド/SaaS データのバックアップ

追加データソースの使い方

CDat Sync 2019 版の大きなポイントは、従来20程度だった対応データソースが100以上へと大幅に増加したことです。kintone、Google Analytics、Office 365、ActiveDirectory、やJSON/XML のファイルやRDB までがSync するデータソースとして使えます。

f:id:cdatasoftware:20190205141237p:plain
CData Sync 追加データソース

これらの追加データソース向けのコネクタは、初期設定には同梱されておらず、追加でのインストールが必要です。

[接続]タブから、データソースを探し、ない場合には、[ここをクリックして]のリンクhttps://www.cdata.com/sync/download/#sourcesをクリックします。 f:id:cdatasoftware:20190205141532p:plain

リンクが開きますので、製品ダウンロードは抜けて下にスクロールすると利用可能なデータソースのリストが表示されます。例えば、kintone のデータをレプリケートする場合にはkintone コネクタの[Download]をクリックします。フォーム画面でメールアドレス他を入力してダウンロードします。 f:id:cdatasoftware:20190205142118p:plain

ダウンロードした[KintoneConnector(CDataSync).exe]ファイルを開いて、コネクタのインストールを行います。

f:id:cdatasoftware:20190205142345p:plain

一度サーバをストップし、Restart します。

f:id:cdatasoftware:20190205142500p:plain

これで新たに取得したコネクタのアイコンが[接続]画面のDestination に表示され、選択できるようになりました。このアイコンからクリックして、接続の確立を行い、ジョブを設定してください。 f:id:cdatasoftware:20190205142704p:plain

差分更新が可能なデータソース

CData Sync では、多くのデータソースでインテリジェントな差分更新をサポートしています。差分更新機能により、同期ジョブの通信やサーバー負荷を最低限に抑えることが可能です。

データソースリスト のアイコンに青い星印がついているデータソースは、高度な差分更新をサポートしています。

例としては、Salesforce、NetSuite、Jira、SharePoint などです。 f:id:cdatasoftware:20190205155312p:plain