CData Software Blog

クラウド連携のCData Software の技術ブログです。

営業活動管理アプリ「cyzen」のAPI をドライバー化:Excel から呼び出して訪問管理リストを作成してみた

はじめに

こんにちは。CData Software Japan の小島です。本記事では、レッドフォックス株式会社が提供する営業活動管理アプリ・cyzen(サイゼン)のデータソースをEXCEL から呼び出す方法をご紹介します。

f:id:kojimacd:20220313163915p:plain

cyzen(サイゼン)の製品概要についてはこちらのページをご覧ください。

www.cyzen.cloud

本記事のゴール

cyzen ユーザーは、自社顧客の「訪問」、「未訪問」について管理を行っていると思います。 今回はEXCEL からcyzen の訪問データにアクセスし、EXCEL のピボットテーブルを使って「訪問済み」、「未訪問」、「レポート回数」のステータスが一目で把握できるリスト作成を行います。 EXCEL で作成した訪問管理リストがあれば、社内の会議資料として使用したり、別拠点に訪問状況をメールで送ることもできるのでとても便利ですよね。

本手順の前提

本手順では、CData API Driver for Excel および、cyzen API Profile がインストールされているマシンを前提としております。

cyzen(評価版あり)

CData API Driver for Excel (※30日間の評価版ライセンスあり)

https://www.cdata.com/jp/apidriver/download/#drivers

API PROFILE

https://cdatajbuilds.s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/APIProfiles/Cyzen.apip

API PROFILE の設定手順

CData API Driver for Excel をマシンにインストールします。

cyzen API PROFILE をダウンロードし任意の場所に保存します。

保存したcyzen API PROFILE の「プロパティ」を開き「セキュリティタブ」でオブジェクト名を表示しコピーします。

次にExcelを立ち上げると「CData」タブが追加されていることがわかります。このタブから各種操作を実施します。 「CData」タブ から「データの取得ボタン」をクリックし、「取得元:API 」を選択すると「CData 接続エディタ」が起動します。

f:id:kojimacd:20220313222438p:plain

「CData 接続エディタ」が起動したら「接続名」を"cyzen"と入力し、「API Profile」の中にある「Profile」に先ほどコピーしたcyzen API PROFILE のオブジェクト名をペーストします。 次に「Profile Settings」にcyzen のAPI Key を入力し「接続テスト」で「サーバーに接続できました。」と表示されればAPI PROFILE の設定は完了です。

f:id:kojimacd:20220313165617p:plain

Excel から cyzen データソースの呼び出し

Excel から cyzen データソースを呼び出すためには、「CData」タブから「取得元 API」をクリックし「cyzen」を選択します。

f:id:kojimacd:20220313180730p:plain

対象テーブルを選択し「OK」をクリックします。

f:id:kojimacd:20220313181152j:plain

クリック後、対象のデータが一括で取得できます。

f:id:kojimacd:20220313181236j:plain

訪問管理リストの作成

それでは訪問管理リストを作成してみます。 「CData」タブから「取得元 API」をクリックし「cyzen」を選択します。

f:id:kojimacd:20220313211705p:plain

「CData クエリ」画面の「テーブル/ビュー」で、「Spot」を選択しテーブルデータを取得します。

f:id:kojimacd:20220313212220p:plain

次にExcel上で新しいシートを作成し、上記と同じ操作で「Histories」のテーブルデータを取得します。

f:id:kojimacd:20220313212613j:plain

EXCEL の「データ 」タブから「リレーションシップ」をクリックし、「リレーションシップの作成」画面を立ち上げます。

f:id:kojimacd:20220313230439j:plain

「新規作成」をクリックし、ドロップダウンで以下を選択します。

テーブル:Spotテーブル(表示名は利用状況で変化します)

列:SpotId

関連テーブル:Histories(表示名は利用状況で変化します)

関連列:SpotId

f:id:kojimacd:20220313213331j:plain

「OK」 ボタンをクリックします。

「Spot」のEXCEL シートを選択し、EXCEL の「挿入」タブからピボットテーブルを選択します。 「新規のシート」、「このデータをデータ モデルに追加する」にチェックを入れ「OK」 をクリックします。

f:id:kojimacd:20220313230316j:plain

ピボットテーブルのフィールドで「すべて」のタブを選択し、下記項目をフィールドにセットします。

f:id:kojimacd:20220313231002j:plain

行:SpotName

列:CreateAt

値:ReportDefinitionId

f:id:kojimacd:20220313234310j:plain

これで訪問管理リストの完成です。 今月訪問した企業名と提出したレポート数を一目で把握することができます。

f:id:kojimacd:20220313235302p:plain

特定の顧客を抜粋して、訪問活動の状況をビジュアル化するといったことも可能です。

f:id:kojimacd:20220313234751p:plain

データのリフレッシュ方法

テーブルデータのリフレッシュは「CData」タブから「ワークシートのリフレッシュ」をクリックします。

f:id:kojimacd:20220313215457p:plain

Excel Add-in にはデータの自動リフレッシュ機能がありますので、一定間隔でデータ見たい場合はとても便利です。

f:id:kojimacd:20220314230852p:plain

ピボットテーブルのリフレッシュは「ピボットテーブル分析」タブから「更新」をクリックします。

f:id:kojimacd:20220313235738p:plain

終わりに

CData API Driver for Excel を利用することで、誰でも簡単にcyzen データソースをEXCEL から呼び出して、データを自由に加工し活用することができます。CData API Driver は接続したいツールに合わせて各種ドライバーおよびアダプターインターフェースを選ぶことができますので、cyzen データソースをBI、ETL、帳票ツールなどからも呼び出すことが可能です。是非ご活用ください。わからないことがあれば、問い合わせフォームからどうぞ!

CData API Driver

www.cdata.com

問い合わせフォーム www.cdata.com