CData Software Blog

クラウド連携のCData Software の技術ブログです。

CData Drivers ハンズオン

はじめに

f:id:kuwazzy:20200317110041p:plain

本資料はCData Software Japanが提供するハンズオンセミナー「CData Drivers ハンズオン ~Salesforce、kintone データをAPI を書かずに使いこなす!!」の手順書です。本書に沿って操作することで、kintoneやSalesforceなどSaaSアプリケーションのデータをAPI を書かずにSQLや各種ツールから扱うことができること、併せて、CData Driver製品の機能を理解して頂くことを目的としています。

CData Software ご紹介

speakerdeck.com

本ハンズオンでご紹介するシナリオ

本ハンズオンではkintoneやSalesforceのデータを Officeツール・BIツール・IDE(開発支援ツール)から利用する4つのシナリオをご紹介します。

1) Excelからkintone / Salesforce のデータを参照&更新

f:id:kuwazzy:20200316181047p:plain

2) MS-Accessのリンクテーブルからsalesforceのデータにアクセス

f:id:kuwazzy:20200316181111p:plain

3) Power BI Desktopでkintone のデータを可視化

f:id:kuwazzy:20200316181144p:plain

4) Visual StudioからkintoneのデータにSQLでアクセス

f:id:kuwazzy:20200316181211p:plain

準備

前提となるソフトウェア

本ハンズオンを進めるにあたり、以下のソフトウェアが必要となります。ハンズオンセミナーではこれらの前提となるソフトウェアをインストール済みのVM環境を利用します。

  • CData製品をインストール可能なWindowsマシン(本手順ではAWS EC2上のVMを使用)
  • MS-Excel (本手順ではOffice365 MSO 16.0.11929.20436を利用)
  • MS-Access (本手順ではOffice365 MSO 16.0.11929.20436を利用)
  • Power BI Desktop (本手順ではPower BI Desktop バージョン: 2.79.5768.721 64-bit (2020年3月)を利用)
  • Visual Studio (本手順ではVisual Studio 2019 Version 16.3.10を利用)

ハンズオン用VMへの接続手順

Windowsマシンの方

スタートメニュー右横のデスクトップ検索で「リモート」と検索して「リモートデスクトップ接続」を開いてください。

f:id:kuwazzy:20200317092248p:plain

「コンピュータ」に割り当てられたIPアドレスをセットして接続します。

f:id:kuwazzy:20200317092509p:plain

「資格情報を入力してください」ダイアログが表示されたら、Administrator / {Windowsパスワード}をセットしてOKボタンをクリックします。

f:id:kuwazzy:20200317092617p:plain

「はい」をクリックして進みます。

f:id:kuwazzy:20200317092817p:plain

以下のVMのデスクトップが開けば準備完了です。

f:id:kuwazzy:20200317092920p:plain

Macマシンの方

Mac App Storeから「Microsoft Remote Desktop 10」をインストールします。

Microsoft Remote Desktop 10

Microsoft Remote Desktop 10

apps.apple.com

Microsoft Remote Desktop 10」を開き、上部バー無いの「+プラス」ボタンをクリックして「Add PC」を選択します。

f:id:kuwazzy:20200317162006p:plain

PC Nameに割り当てられたIPアドレスをセットして「Add」ボタンをクリックします。

f:id:kuwazzy:20200317093442p:plain

追加されたPCをクリックすると、ダイアログが表示されるのでAdministrator / {Windowsパスワード}をセットしてContinueボタンをクリックします。

f:id:kuwazzy:20200317093622p:plain

ダイアログが表示されますので「Continue」をクリックします。

f:id:kuwazzy:20200317093749p:plain

以下のVMのデスクトップが開けば準備完了です。

f:id:kuwazzy:20200317093918p:plain

ハンズオンシナリオ

1) Excelからkintone / Salesforce のデータを参照&更新

www.cdatablog.jp

www.cdatablog.jp

2) MS-Accessのリンクテーブルからsalesforceのデータにアクセス

www.cdatablog.jp

3) Power BI Desktopでkintone のデータを可視化

www.cdatablog.jp

4) Visual StudioからkintoneのデータにSQLでアクセス

www.cdatablog.jp