CData Software Blog

クラウド連携のCData Software の技術ブログです。

ExcelからSalesforceのデータを参照&更新

はじめに

本記事はCData Software Japanが提供するハンズオンセミナー「CData Drivers ハンズオン ~Salesforce、kintone データをAPI を書かずに使いこなす!!」内のシナリオ「ExcelからSalesforceのデータを参照&更新」の資料です。

本資料で実現するシナリオ

Microsoft ExcelのリボンからSalesforceの取引先(Account)オブジェクトのデータを参照、および、更新します。

f:id:kuwazzy:20200317142008p:plain

CData Excel Add-in for Salesforce とは?

CData Excel Add-in for Salesforce では、デスクトップ版のExcel から、Salesforce のデータに直接アクセスし、Salesforce のデータの取得、更新、挿入、削除がExcel UI 状から行えます。複数行の一括貼り付け、複数行の一括置換などのExcel UIを活かした編集作業や、Excel テーブルに取得したSalesforce データのピボットテーブルやグラフでの利用などをAPI コーディング不要で実現します。

Excel Salesforce Excel Add-in for Salesforce
データの一元管理 ×
データの共有 ×
フォームとレコードの区別 ×
レコードの一括編集 ×
関数
グラフ化
慣れ

Excel Add-in for Salesforce の利用例

  • Salesforce の商品マスタや顧客マスタなどのマスタデータの一括編集などの管理
  • Salesforce へのExcel でのコピー&ペーストによるデータ挿入(日々の営業・管理データ入力など)
  • Salesforce データのピボット分析やグラフでのビジュアライズ
  • マクロなどを使ったExcel ベースのクラウドデータ連携アプリケーションの開発

使用するCData製品

CData Excel Add-In for salesforceのインストール

以下のサイトから評価版ビルドをダウンロードします。

ダウンロードされたインストーラ形式(.exe)のファイルを起動します。

  • Excelアプリケーションを閉じてから実行してください。
  • 途中オンラインでのアクティベーションが実行されるためインターネットアクセス出来る環境で行ってください。

下記のようなインストーラが起動するので、ライセンス契約書を確認した上で、デフォルト設定のままインストールを進めて完了させます。

f:id:kuwazzy:20200317115944p:plain

インストールが完了するとデフォルトブラウザが起動して製品ヘルプファイルが起動します。

f:id:kuwazzy:20200317120050p:plain

CData Excel Add-In for Salesforceの起動、および、接続設定

Excelアプリケーションを起動して、空白のブックを開きます。リボンにCDATAタブが追加されるので、「取得元Salesforce」アイコンをクリックします。

f:id:kuwazzy:20200317120529p:plain

既に接続設定が設定されている場合には、下記のCDataデータ選択画面が表示されます。「編集」ボタンをクリックします。

f:id:kuwazzy:20200317120327p:plain

起動した「接続ウィザード」内の下記の項目にSalesforceへの接続情報を設定します。

Salesforceの接続情報 設定項目 備考
ユーザID User
パスワード Password
セキュリティートーク Security Token

「接続テスト」ボタンをクリックします。下記のようなダイアログが表示されれば成功です。「接続ウィザード」の「OK」ボタンをクリックして保存します。

f:id:kuwazzy:20200317113953p:plain

Salesforceデータの取得

「CDataデータ選択」ダイアログに戻り、Excelのシートにデータを取得したいテーブルを選択します。今回は、「取引先(Account)」テーブルを選択して「OK」ボタンをクリックします。

f:id:kuwazzy:20200317120623p:plain

このタイミングで、SalesforceAPIにアプリ内のデータを取得するリクエストを発行します。取得されたアプリのデータはExcelのセルにバインドされます。デフォルトでは最大行数が100行に絞り込まれます。

f:id:kuwazzy:20200317120701p:plain

Salesforceアプリへのデータ登録

Excelから入力した情報をSalesforceに登録してみます。「Account」テーブルがバインドされているシートの「Name」を、データが格納されている一番下のレコードの次行に入力します。セルを変更してSalesforce側が反映されていない状態ではセル値の文字列が赤となります。追加したい行を選択して、リボン「CDATA」タブ内の「行の挿入」ボタンをクリックします。

f:id:kuwazzy:20200317120843p:plain

文字列は黒文字に戻ります。それでは、Salesforceの取引先を確認してみます。ブラウザでSalesforceのサイト( https://login.salesforce.com/ )にアクセスします。

f:id:kuwazzy:20200317121348p:plain

セールス > 取引先 > すべての取引先 を開くと、Excelから入力した内容で登録できていることを確認できます。

f:id:kuwazzy:20200317121258p:plain

ExcelからSalesforceのデータを取得、登録することが出来ました。