CData Software Blog

クラウド連携のCData Software の技術ブログです。

Data SyncのデータソースにOracle OCIを使用する

本記事ではData SyncのデータソースとしてOracle OCIを使う方法を説明します。

Oracle OCIとは

Oracle OCI (Oracle Call Interface)はOracleクライアントのライブラリを利用して接続する方式です。 www.oracle.com

Oracle OCI接続の追加

メニューから「接続」を選択し、「データソース」タブから「Oracle OCI」を選択してください。

f:id:urabe_shintaro:20200220114103p:plain

Oracle OCIコネクタのインストール

データソースにOracle OCIがない場合、「Add More」をクリックしてコネクタダウンロード画面を表示し、コネクタの一覧からOracle OCIを選択してください。

f:id:urabe_shintaro:20200220114749p:plain

f:id:urabe_shintaro:20200220114251p:plain

接続情報の設定

接続先のOracle DBの接続情報を設定してください。

f:id:urabe_shintaro:20200220114406p:plain

接続情報を設定したら「接続のテスト」をクリックしてください。

「接続に成功しました。」というメッセージが表示されればOracle OCIデータソース接続の作成は完了です。

(Java版Sync)DLL参照エラーが表示される場合

Java版のSyncでは、Oracle OCIへの接続時に以下のようなエラーが表示される場合があります。

重大: no System.Data.CData.OracleOCIw in java.library.path: [ライブラリパス]

f:id:urabe_shintaro:20200220114424p:plain

このエラーが発生した場合はCDataサポートデスクにお問い合わせください。 OracleOCIのライブラリ(System.Data.CData.OracleOCIw.dll)と関連するDLL一式をお送りいたします。

お問い合わせの際には、Syncのエディション、インストール先の環境及び、接続先のOracleがインストールされている環境をお知らせください。 DLLを入手したら以下の手順に従ってライブラリへの参照を設定してください。

1. Oracle Instant Clientをインストールしてください。

Oracle Instant Clientは以下からダウンロードできます。 https://www.oracle.com/database/technologies/instant-client/downloads.html

2. DLLをOracle Instant Clientのホームディレクトリに配置してください。

3. サーバの起動オプションに以下のオプションを追加してください。

-Djava.library.path=<Oracle Instant Clientのホームディレクトリへのパス>

SyncがWindows版で上記設定後に「System.Data.CData.OracleOCIw、またはその依存関係の 1 つが読み込めませんでした」というエラーが表示される場合、Microsoft Visual Studio 2013ランタイムライブラリが無い可能性があります。

以下からランタイムライブラリをダウンロードしてインストールしてください。 Visual Studio 2013 Visual C++ 再頒布可能パッケージ

4. Syncを再起動し、Oracleへの接続を確認してください。